意外とわかっていない人が多い?電子タバコってそもそも何?

意外とわかっていない人が多い?電子タバコってそもそも何?

電子タバコは電気を使ったタバコ

電子タバコとは様々な味や香りを楽しむことができるリキッドと呼ばれる液体を、電力で加熱することで気化させた蒸気を吸引するタバコの総称です。このため直接火を使わなくてもタバコを嗜むことができ、従来のタバコの吸い方とは大きく異なっているところが特徴とされています。tなみに似たようなものに加熱式タバコと呼ばれるものもありますが、加熱式タバコの場合はリキッドではなく通常の煙草と同じようにタバコの葉を使用しています。このためリキッドが合わない人は加熱式タバコの方を使うケースも多く、電子タバコと加熱式タバコは異なるタバコとして認識されているのです。

電子タバコと通常のタバコの違いは?

電子タバコと加熱式タバコの違いはリキッドを使用しているのか、タバコの葉を使用しているのかという点です。それに対して電子タバコと一般的なタバコの違いは、吸引方法にあります。電子タバコも加熱式タバコも電力で葉巻の中を加熱、気化した蒸気を吸引するのですが、一般的なタバコは葉巻に火をつけて燻す形で吸引します。このため一般的なタバコは副流煙などの健康被害が問題視されているのに対して、電子タバコは蒸気を吐き出すだけなので健康被害が少ないと考えられているのです。

また加熱式タバコと一般的なタバコはタバコの葉を使用しているため、ニコチンやタールなどの有害物質を含んでいるところが電子タバコとの大きな違いと言われています。電子タバコのリキッドにはタールがほとんど含まれていないため、健康被害のリスクが少ないところが魅力となっています。

喫煙者には肩身が狭いこのご時世、そんな今だからこそ禁煙にチャレンジする人が増えています。ニコチンリキッドで長かった喫煙生活とさよならできます!